日常生活に及ぼす影響と原因

眼精疲労疲をとるマッサージの料金を調べる

眼精疲労疲をとるマッサージの料金を調べる 眼精疲労は、日頃から長時間の運転が多い人やパソコン仕事が多い人によく出てくる症状です。
目の奥が痛くなったり、肩こりや頭痛がする事も多いです。
そんな時はリフレッシュをしにマッサージへ行かれるのがおすすめです。
眼精疲労をとるマッサージの料金は、お店によって様々ですがオプションでつける場合は最短10分で500円からあります。
眼精疲労がある時は肩や首もガチガチにこっていて血流が悪くなっているので、肩や首の部分もしっかりとマッサージしてもらったほうが良いです。そうなると20分で2,000円前後でできるお店が多いです。
頭痛や目の奥が痛い場合はヘッドリフレやヘッドスパなどもおすすめです。だいたい3〜4,000円でできます。頭皮の血行を促進させ、目の周りの血流が良くなるのでスッキリします。
現代人は四六時中どこでも携帯やスマートフォンを見ている事が多いので、たまには遠くを見てリラックスした。目の筋肉をストレッチさせてあげることが必要です。

マッサージで眼精疲労を癒すことができる

長時間パソコンやスマートフォンの画面を見続けることでまばたきの回数が減り、眼精疲労を引き起こすケースが増えています。
また、過労や睡眠不足、ストレスなどでも自律神経が乱れ、目の疲れを引き起こすこともあります。
そんな眼精疲労を癒すために自分でマッサージなどをして改善する方法があります。
まずはホットアイマスクや蒸しタオルなどで目の上や首の後ろを温めることで疲れ目のツボが温められて緊張した目の周りの筋肉を和らげることが出来ます。
鼻のつけ根は疲れ目の他に近眼や緑内障、白内障などの眼病に効果のあるツボです。
ここを少しずつ圧をかけながらじんわりと指圧します。
眉の生え始めの部分も目を酷使する方向けのツボです。
机に肘をついて親指を立て、そこにそっと眉を乗せて優しく指圧します。
眉の真ん中と終わりも同様のツボとなっています。
こめかみは眼精疲労はもちろん、近眼と老眼にも効くツボとなっています。
このように目の周りある筋肉に刺激を与えることで固まった筋肉を解して目の疲れを改善することが出来ます。