日常生活に及ぼす影響と原因

眼精疲労にはクエン酸の摂取を

眼精疲労にはクエン酸の摂取を 現代社会はスマートフォンやパソコンなどの普及によって目が極端に疲れてしまう人もとても増えてきています。
目を酷使することによって起こるのが眼精疲労です。
眼精疲労になると目のかすみや疲れ、充血、吐き気やめまい、頭痛、肩こりや倦怠感などの症状が出てくるようになります。
また眼精疲労は目を使い過ぎるだけではなく、高血圧や糖尿病、貧血など体に問題がある場合にも起きやすいです。
そんな眼精疲労に効果的なのがクエン酸です。
クエン酸は目の疲れだけではなく、体全体の疲れを回復するためにとても効果を期待することができます。
摂取方法は1日数回に分けてビタミンB群と一緒に摂取するのが望ましいです。
激しいスポーツや肉体労働をして肉体的な疲労がたまっているのであれば糖質と一緒に摂取するのもおすすめです。
クエン酸を多く含んでいるものといえばグレープフルーツやレモンなどの柑橘類、梅干などもよく知られています。
すっぱいものが苦手な方は蜂蜜と一緒に食べると食べやすいです。

眼精疲労におすすめの対処法

年を取るに従って、眼精疲労は毎日の悩みの1つとなります。
若くても夜更かししたり、根を詰めて勉強した後などには眼精疲労が起こりやすくなります。
では、その眼精疲労はどうして起こるのでしょう。
眼精疲労は、目の疲れなので目を一杯使って疲れた事で起こるというのも原因の1つですが、本来目の機能を十分に発揮する為には、様々な顔の筋肉や毛細血管、神経等が関係しており、それによって色や遠近の距離感が分かり、又あらゆる感情から影響を受ける表情も目の周囲の筋肉に影響しているのです。
つまり、単なる目の疲れだけでなく、肉体疲労や精神疲労も目に大きく影響します。
そこで一般的には目を冷やしたり、点眼薬などを使う事が多いと思いますが、温める事をおすすめします。
疲れを回復する為には必ず血流が必要になってくる為、点眼による栄養も冷やすことも血流を改善するより効果が薄いのです。
そして温めるにも場所があります。
一番のおすすめは後頭部です。
目の神経は後頭部から脳に入っている為、効率的で自分の身体の力を使って改善できる為癖になりにくいのです。