日常生活に及ぼす影響と原因

たった1分で出来る眼精疲労の回復方法

たった1分で出来る眼精疲労の回復方法 眼精疲労の要因の多くは、眼球周辺の筋肉の凝りです。
人間が物を見るとき、両目のピントを対象物に合わせるために眼球周辺の筋肉を使っています。
事務仕事やパソコンに長時間向き合う仕事をしていると、このピントをずっと同じ距離に固定し続けなければならないので、疲れを引き起こしてしまうのです。
そこで効果的なのが、この眼球周辺の筋肉を伸ばすストレッチです。
手順は簡単で、正面を向いたまま眼球だけで思い切り上を見ます。
5秒ほどこの状態を維持した後、今度は思い切り目を閉じます。
この状態を10秒ほど維持します。
下側、右側、左側で同様の動作をすることで凝りをほぐすことができます。
じーんと筋肉が伸びているのを感じることができるでしょう。
合計しても1分ほどで済みますので、仕事中も気が寝なく実施ができると思います。
また、眼精疲労改善以外の副次的な効果として視力の改善を見込むことができます。
ストレッチをしないと体が硬くなるように、眼球周辺の筋肉も硬くなってしまうのです。
目は一生使うものですから、大事にして損は無いでしょう。

PCの前に座りながら出来る眼精疲労の解消法

仕事などでPCを使用して長時間にわたり目を酷使すると眼精疲労になり、目が乾いたり、異物感がある、視界がぼやけるなどの症状がでたり、頭痛の原因にも繋がります。
眼精疲労を解消するには、姿勢を正す事が大切です。
同じ体勢でいると猫背になってしまいやすく、頭、首、肩の筋肉が緊張して血流が滞ってしまいます。
結果的に首や肩のコリ、頭痛に繋がります。
首や肩のコリを感じたら血行を良くするため、首をゆっくり左右に倒すようにして動かし、次にゆっくり回転させます。
両肩を上げ下げしたりするなど軽いストレッチをしましょう。
目の瞬きを多めに行ったり、力強く目を閉じたりするのも効果的です。
イスに座りながら出来るので1時間から2時間ごとに10分から15分程度、目を休ませることとストレッチを行う時間を作るようにしましょう。
コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは血管を収縮させる効果があるため、眼精疲労による頭痛を和らげる効果があります。
眼精疲労予防をするには暗い部屋でPCなどは使用しない、PC眼鏡などを利用してブルーライト対策などをする、ブルーベリーなど目に良いものを食べたりサプリメントを利用すると良いです。