毎日のケアと必要な栄養分

眼精疲労を癒やすために必要な栄養

必要な栄養 目の粘膜を構成する栄養素が不足すると、眼精疲労の問題が顕著になり、慢性的な悩みになることがあります。
この問題に対処するためには、自らの生活習慣を把握して、改善すべき点を見出すことが大切です。食事に問題があったとしても、早めに対処すれば解決することは十分に可能です。
目に必要な栄養としては、粘膜を再生させるビタミンAが代表的ですが、コラーゲンも必須となります。ビタミンAは色が濃い緑黄色野菜から摂取すれば、同時にビタミンCも吸収して、コラーゲンの生成が促進します。コラーゲンが豊富な鶏肉は、カボチャなどの緑黄色野菜と合わせて、煮物やスープにすれば眼精疲労も癒やすことができます。
偏った食事にしないためには、食材の品目数を増やして、栄養のバランスを総合的に整えることが大切です。
主菜からはタンパク質を摂取しながら、副菜からは眼精疲労に有効なビタミンAやビタミンB群を吸収すれば、効果は相乗的に働くようになります。

眼精疲労を悪化させないために毎日のケアを

現代人は多忙なので人工光の中で生活していることがほとんどです。テレビ、携帯電話、パソコン、タブレット、どこでも明るい照明。夜でも明るい照明のなかで生活することが多く眼精疲労の原因となります。
眼精疲労が続き悪化すると視力が落ちるのはもちろん、頭痛を引き起こしたり吐き気がするなどの体調不良、そして目の周りの皮膚がたるんだりシワが出来たりと美容にも悪影響があります。
毎日のケアで健康と美容に悪影響が起こらないようにしなければなりません。
眼精疲労は眼の周辺の筋肉疲労と血行不良から起こります。現代人は近くで字やスクリーンを見ることが多いので、意識的に遠くの景色を見ることも大切です。仕事中も読書中も時々遠くを見ることによって筋肉が硬直するのを防ぐことが出来ます。
また前かがみの姿勢は肩と首がこり、頭部の血行不良を起こしてしまいます。ストレッチやマッサージをすることで血行が良くなります。
入浴時に温かい濡れタオルで目の辺りを温めることでも疲れが取れます。毎日のケアを続けることが大切です。